本文へスキップします。

札幌市教育文化会館ウェブサイト

札幌市教育文化会館公式facebook札幌市教育文化会館公式twitter札幌市教育文化会館公式YouTubeチャンネル

ここから本文です。

施設を借りる

小ホール

演劇、落語、ピアノ発表会、講演会など小規模な催物に適したプロセニアム形式の多目的ホールです。演劇公演を基本に設計されているため、舞台・照明・音響設備は大規模ホールと同等のものが設置されています。

小ホールイメージ1枚目
演劇、落語、ピアノ発表会、講演会など小規模な催物に適したプロセニアム形式の多目的ホールです。

小ホールイメージ2枚目
小ホールの緞帳は、きびしい自然と生活の中で、コツコツと生き抜いた先人たちが、そこで切り拓いた生活と文化を表現した国松 登さんの作品「北国」が描かれています。

小ホールイメージ2枚目
ピアノ演奏や合唱の発表など生の音を扱う催物は、反響板を組んで、音の反響を良くします。

小ホールイメージ2枚目
学会や研究発表会などでは、ビデオプロジェクターを使用した講演が行われる事が多くなっています。パソコンを持ち込んでいただければ、大画面で表示する事が出来ます。

小ホールイメージ2枚目
客席は360席で、舞台と客席の距離が短く、演劇や落語など観客の反応を感じながら行われる催物に適しています。座席を取り外すことにより、車椅子による鑑賞も可能です。

基本情報

定員

360席

ご利用料金
施設 利用区分
(時間)
午前
9時~12時
午後
13時~16時
夜間
17時~21時
午前・午後
9時~16時
午後・夜間
13時~21時
全日
9時~21時
小ホール
360席
平日 A 27,700 27,700 36,900 55,400 64,600 86,800
B 55,400 55,400 73,800 110,800 129,200 173,600
C 83,100 83,100 110,700 166,200 193,800 260,400
土・日・祝日 A 33,200 33,200 44,400 66,400 77,600 105,300
B 66,400 66,400 88,800 132,800 155,200 210,600
C 99,600 99,600 133,200 199,200 232,800 315,900
練習限定料金「練割」
(曜日を問わず)
A 6,400 6,400 8,500 12,800 14,900 20,100
B 12,800 12,800 17,000 25,600 29,800 40,200

※営利法人または営利や営業目的である場合、入場料(その他名称のいかんを問わずこれに類するもの)の金額により、割増料金となる場合があります。

※割増料金については、利用時間と料金「割増料金について」にてご確認ください。

小ホール位置図

小ホール位置図イメージ

施設概要

面積

全面積
990㎡
客席
256㎡
舞台
484㎡

収容定員

360席
減少できる可動席 34席
車椅子等可動席 22席

設備特色

舞台(プロセニアム形式)
間口12m、奥行10.5m、高さ5.5m
楽屋
3室、シャワー室、給湯室
脇花道
幅1.8m、長さ4.8m
映写設備
ビデオプロジェクター(3DLP方式12000ルーメン)

座席表

座席から見たステージ

番号を選択すると、ホールの写真がその場から見たイメージに切り替わります。

座席表

車椅子対応 約10台
座席(け列1~22)取り外しにより対応

取り外し可能座席
あ列 4~19、い列 3~20、け列 1~22

小ホール座席表イメージ

備付物件

※本表は1日(1回)あたりの利用料金を除き、午前・午後・夜間の各利用1区分あたりの料金です。
例:全日利用は本表の料金の3倍の額となります(1日・1回あたりの利用料金該当物件を除く)
備付物件のご利用にあたっては、数に限りのあるものもございますので、事前に会館までお申し出下さい。

照明設備

※ホール照明設備のセット物件利用料金は、各セットに組み込まれた一部を利用しない場合でも、料金の割引はいたしません。

セット 物件名 単位 料金
基本セット ボーダーライト/1列 1列 無料
Aセット ボーダーライト/2列 1式 12,100円
スポットライト(1KW)/42台
アッパーホリゾントライト/1列
ロアーホリゾントライト/1列
Bセット ボーダーライト/2列 1式 6,100円
スポットライト(1KW)/22台
反響板(天板ライト付き)/1式 1式 6,100円
スポットライト(1KW)/24台
Cセット ボーダーライト/1列 1式 3,100円
スポットライト(1KW)/20台
反響板(天板ライト付き)/1式 1式 3,100円
スポットライト(1KW)/6台
専用 ボーダーライト 1列 3,000円
アッパーホリゾントライト 1列 3,800円
ロアーホリゾントライト 1列 3,600円
ピンスポットライト(2KWクセノン) 1台 3,600円
フォロースポットライト(1KWハロゲン) 1台 900円
スポットライト(2KW) 1台 450円
スポットライト(1.5KW) 1台 400円
スポットライト(1KW) 1台 260円
スポットライト(500W) 1台 150円
ストリップライト(8灯式) 1台 400円
ストリップライト(4灯式) 1台 200円
エフェクト 1台 850円
ミラーボール 1台 750円
エフェクトクオルツスポット 1台 650円
効果用種板 1枚 120円
効果用レンズ 1枚 120円
ライト用スタンド 1台 190円
持込照明設備(1回当たり) 1台 120円
カラーフィルター(1日当たり) 1枚 90円
音響設備
物件名 単位 料金
音声調整卓 1式 5,000円
メインスピーカー 1組 700円
サイドスピーカー 1組 700円
移動スピーカー 1組 700円
効果用スピーカー 1台 160円
CDプレーヤー 1台 1,000円
CDレコーダー 1台 2,200円
MDプレーヤー 1台 1,000円
MDレコーダー 1台 2,200円
テープレコーダー(カセット) 1台 600円
効果機器 1台 3,400円
マイク用三点吊装置 1台 600円
移動用ミキサー 1台 750円
ワイヤレスマイク 1式 2,200円
マイクロホン(コンデンサー) 1本 1,300円
マイクロホン(ダイナミック) 1本 300円
マイクスタンド 1本 70円
持込音響設備(1回当たり2KW以上) 1式 12,100円
舞台設備
物件名 単位 料金
所作台 1式 7,300円
反響板(天板ライト付き) 1式 5,500円
プロジェクター(12000ルーメン) 1 台 22,900円
平台 1台 240円
かげ段 1台 120円
演台(3点セット) 1式 1,200円
講演台 1台 400円
びょうぶ(金) 1双 2,400円
座布団(舞台用) 1枚 70円
上敷 1枚 190円
松竹羽目 1式 2,400円
定式幕 1式 1,200円
紗幕 1枚 600円
浅葱幕 1枚 600円
紅白幕 1枚 600円
暗転幕 1枚 600円
大黒幕 1枚 600円
毛せん 1枚 400円
地がすり 1枚 1,000円
振り竹 1式 600円
雪かご 1台 190円
譜面台 1台 120円
譜面灯 1個 100円
指揮台 1台 240円
指揮者用譜面台 1台 120円
スクリーン 1式 2,400円
ドライアイスマシン 1台 800円
姿見鏡 1面 240円
引導車(6尺) 1台 240円
引導車(3尺) 1台 190円
オーバーヘッドプロジェクター 1台 1,600円
3CCDカラーカメラ 1台 3,100円
シャワー室 1室 800円
特殊電源・10KWまで(1KW増す毎に600円加算) 1日 6,000円
一般電源・1KWまで(1KW増す毎に200円加算) 1器種 200円
楽器設備
物件名 単位 料金
フルコンサートピアノ(スタインウェイ) 1台 12,100円
フルコンサートピアノ(日本製) 1台 3,600円
セミコンサートピアノ(日本製) 1台 2,400円
大太鼓 1台 1,200円
〆太鼓 1台 240円
平太鼓 1台 240円

ご利用ガイド

打ち合わせ日程

舞台打ち合わせは、遅くとも10日前を目安に舞台・音響・照明を含めた全体打合せをさせて頂きます。
全体に精通している方及び各担当の方(舞台専門会社が係わっている場合はその方を含む)との綿密な打合せにより、催し物を一層充実させる事が出来ます。
舞台打ち合わせは、予約制とさせて頂いておりますので、ご来館の日時が決まりましたら、舞台係に予約を取られてからご来館下さい。
(電話011-271-5821 舞台係)

舞台打ち合わせのときに必要な資料

  • 舞台進行表(4部)
  • プログラム又はチラシ(4部)
  • 舞台・音響・照明の図面(仕込み図)
  • 持込道具・機材一覧表

舞台打ち合わせのときにお尋ねする事

催物名
正式な催物名を確認いたします。
使用時間
プログラム・チラシ等により確認致します。
打ち合わせ来館者
氏名を確認させて頂きます。
使用区分の内訳

時間配分を確認致します。
仕込み(準備)/リハーサル/開場/開演/終演/撤去(後始末)

入場料

下記のいずれかを確認させて頂きます。
自由席・指定席・一部指定席
当日券の有無
無料・関係者・整理券・会員

主催責任者
会計責任者を含めて、氏名を確認させて頂きます。
舞台進行係(舞台監督)
氏名を確認させて頂きます。
使用楽屋
楽屋A・B・C
主催者本部の設置
外部から電話が入った場合、どの部屋におつなぎするか確認させて頂きます。
駐車券
普通車・大型車輌台数など主催者による大道具等の搬入に係わる車輛の台数を確認します。割り当て台数がありますのでお尋ね下さい。
ピアノ調律の有無
ピアノ調律は、申込みの使用区分内で行って頂きます。主催者手配による調律は、条件がありますので、ご相談下さい。
看板
表看板・ホール内吊り看板・懸垂幕の持込み及び業者の確認をさせて頂きます。(当ホールからも手配出来ます)
生花
花篭・花スタンドの設置場所を確認致します。
水回りの始末及び花を持ち帰る際の落ちた花の清掃をお願い致します。特に舞台上での水回りの処置は、確実にお願い致します。
展示・販売の有無
プログラム以外の展示・販売は、共用フロアー申請書の提出が必要です。
(避難通路の関係上、設置出来る場所が決められております。ご相談下さい。)
ビデオ撮影
ビデオプロジェクターの持込
業者が入る場合は、ビデオカメラ・プロジェクター仕込み図の提出が必要です。
(避難通路の関係上、設置出来ない場所があります。ご相談下さい。)
シャワー室の
使用の有無
シャワー室の鍵を開けた時間(区分)から閉めた時間(区分)までをカウントします。
裸火使用・危険物の持込
裸火使用・危険物の持込みは禁止です。

<演出上必要な場合>
裸火(ローソク・タバコ等)
危険物品の持込み(スモークマシン・花火等)

申請書(当会館と札幌市中央消防署の使用許可)が必要です。
札幌市中央消防署予防課
札幌市中央区南4条西10丁目
Tel.011-215-2120
諸官庁への届け出

既成の音楽等の著作権使用料について
(一社)日本音楽著作権協会北海道支部
札幌市中央区北1条西3丁目 井門札幌ビル7階
Tel.011-221-5088

会館及び参加者に他からの抑圧がおよぶ恐れのある場合
札幌中央警察署
札幌市中央区北1条西5丁目
Tel.011-242-0110

車椅子への対応
どこの座席を取り外し車椅子スペースとするか確認します。
進行内容の確認

舞台プラン
舞台進行係(舞台監督)、各担当者を決めましょう。
仕込み(準備)、撤去(後片付け)、各場面の時間を把握しましょう。
各場面の間(場面転換・休憩等)の時間を把握しましょう。
演出上、大・小迫りを使用する場合は、必ずリハーサルを行いましょう。
持ち道具、備付物件等の使用・配置を把握しましょう。
ビデオプロジェクターを使用する場合は、必ず試写の時間が必要です。(思った以上に画面合わせに時間がかかります)

音響プラン
舞台進行表に従って、マイクロホンの位置・本数・BGM等を決めましょう。
録音をとる場合、テープの種類(カセットテープ・MD・CD-R)、録音時間、本番時間に合わせて余裕のあるテープの本数をご用意下さい。(カセットテープは90分以内のものでお願いします)
再生したいもの(CD・カセットテープ・MD等)の時間を把握して再生のタイミングを正確に決めましょう。

VTR等への音声入出力
ライン出力を受けたい方は、ビデオカメラ等仕込み図を提出して下さい。(ホール出力+4dB)
ビデオプロジェクター等の音声ラインを送りたい方は、ビデオカメラ・プロジェクター仕込み図を提出して下さい。
持込み機材(民生機を含む)用接続ケーブルは、断線等のトラブルを避けるためお貸し出来ませんので持参して下さい。(壁コネクターは、キャノン2番ホットです)

照明プラン
舞台進行に沿って客席・舞台の暗転・明転・スポット色付け等の指示を舞台進行表に記入しましょう。
舞台・舞台袖は、火気厳禁です。舞台演出上必要なタバコ・スモーク(煙)等の危険物は、当ホールと消防署の許可が必要ですのでお尋ね下さい。

技術員プラン
催し物の内容によっては、技術員(補助要員)の派遣をさせて頂きます。

設営と撤去時間の目安
内容 準備 片付け
合唱(反響板・台組み) 30分 15分
ピアノ調律 1時間~1時間30分
講演会・式典 30分 15分
所作台 30分 20分
脇花道設営 20分 20分
橋懸り・所作台 1時間 1時間

※標記の時間は基本的な舞台設営時間で、色を使った照明やマイク本数の多い演出では更に仕込み時間がかかります。

※前日仕込み等を行った場合でも、安全確認と舞台・音響・照明の機材チェックを行いますので、20分程度の準備時間が必要です。準備完了を確認の上、開場して下さい。

料金サンプル(1区分のご利用料金)