短編演劇祭2018 審査員紹介 第4弾 森崎博之
短編演劇祭 テーマ「オウ」
短編演劇祭の演目詳細発表!
教文演フェス2018 グランド・チャンピオン・ステージ
9月9日、歴代王者降臨。上演作品発表!
短編演劇祭2018 審査員紹介 第1弾 斎藤歩
短編演劇祭2018 審査員紹介 第2弾 鴻上尚史
短編演劇祭2018 審査員紹介 第3弾 渡辺えり
2018.7.27
2018.7.20
2018.7.11
2018.6.29
2018.6.22
2018.6.15

チケット情報

7/22(日)発売!

●短編演劇祭 前売1,300円/当日1,800円
●グランドチャンピオンステージ 前売2,500円/ 当日3,000円
●短編・グランド通し券 3,500円

2018.6.8
2018.5.27

<審査員>

棚田 満
(劇団怪獣無法地帯 主宰 作・演・役者)
明 逸人
(ELEVEN NINES 俳優・演出家)
南 参
(yhs代表・脚本家・演出家)
平塚 直隆
(東海連合/オイスターズ所属 劇作家・演出家・俳優)
※注:審査講評は司会進行による代読

<司会進行>

齋藤 雅彰
(教文演劇フェスティバル事務局 委員長)
※注:平塚直隆氏の審査講評代読

開催スケジュール

4月1日(日)
応募受付開始
4月20日(金)
応募受付締切(15:00厳守)
5月27日(日)14:00~
公開台本審査会・即日発表
8月28日(火)
舞台打合せ(小ホール)
9月6日~7日
舞台リハーサル(小ホール)
9月8日(土)
短編演劇祭 当日

審査方法

○台本審査

上演台本を審査します。審査員による投票の結果、本選に進出する上位4団体を決定します。

●本戦

9月8日(土)に台本審査を勝ち抜いた4チーム、昨年度チャンピオンの「星くずロンリネス」が上演します。全上演終了後、審査員による講評を行います。勝負は観客と審査員による投票によって決められ、即日投票・即日開票によって最多得票チームが優勝となります。優勝団体には豪華特典が与えられます。

採点方法

○台本審査

事務局が選んだ4名の審査員による投票(一人8点の持ち点)により、上演団体を選出します。

●本戦

観客投票(一人2票まで)と審査員票(昨年は一人30票)により、優勝団体を決定します。

出場特典

優勝団体には・・・

齊藤委員長の手作りチャンピオンベルト授与
次年度の短編演劇祭へのチャンピオンとして出場権

特典

次の中から劇団の活動ニーズに合わせた特典をお選びください。

主催:
札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)教文演劇フェスティバル事務局
後援:
札幌市、札幌市教育委員会
助成:
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会